sometimes in amidacamera  ときどき、ご説明します。

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2017.04.01 Saturday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2010.01.09 Saturday  all about unedit 1

あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。
今年は暦的に三箇日で休みが終わってしまい、
松の内からバタバタと仕事に入り、落ち着きの少ないお正月ですね。
年末に突如行なった「unedit」展ですが、明けてから作品を引き上げてきましたので、
飾ったものを少しずつアップしていくことにします。


pic:yasuji watanabe
hair&make:lala

portfolio欄[melancholic distance]で見れます。モデルはオペラ子。ヘアメイクはララちゃん。
時間があまりなかったため、近所の路上と自室の白い壁だけでの撮影。
上品なワンピースはオペラ子嬢持参か? 小さいから揃えるの難しそうなのでたぶんそうかも。
と言いながら、顔だけで完結したポートレイトを選んでみた。
慌しく終わって新宿駅で別れた時のオペラ子の風情がなぜか忘れられない。




pic:yasuji watanabe

次はいにしえのステーションホテルでの作品。
天井の高い古い部屋がお気に入りで、スポットを高いところから当てて撮っている。
それゆえ表情に翳りが出て、本来なら正面からフォローするところだが、
モデル嬢の真摯な雰囲気に圧されて猟奇的なままとした。
[The portrait of innocent girls through the amidacamera](2006)
では膝上ポートレイトを載せたが、今回は赤い糸を強調して寄ったものを選んだ。

















2017.04.01 Saturday  スポンサーサイト

- . -



+ comment





Profile

Category

Archives

admin